管理者権限で好きなようにできる!

VPSは、複数でサーバーを共有しているのに、管理者権限で自分の好きなようにサーバーを弄ることができます。phpのバージョンはもちろんのこと、使用できるメモリの容量も変更できるので、自由度はかなり高いといえるでしょう。

また仮想環境であるゆえに、OSの再インストールのようなシステムの土台をいじるような作業も、Webベースの管理アプリからほぼ一瞬で行うことができます。これが専用サーバだと自分では行えなえません。1回1万円ほどの作業料金を取られるうえ、数営業日は待たされることになるでしょう。

使えるねっとの仮想化技術は、パラレルス株式会社のVEソフトウェア「VIRTUOZZO」を利用しています。それぞれのVPSは完全に独立しているので、同時に異なった環境を実行することができるので、各VPSユーザーの使用領域が分断され基本的に他のユーザーの領域には関与できないようになっています。また使えるねっとのVPSはリソースが保証されており、物理的に同じサーバーに同居しているユーザーが高負荷になったとしても、CPUやメモリへの影響はまったくありません