地球環境にも優しいサーバー

これは雑談のようなものですが、一般的な専用サーバーの排出するCO2は年間約240kgs。1台の専用サーバーが1年間に排出するCO2を相殺するためには、なんと1年間で木を約12本植えなければ足りません。おまけに専用サーバーはユーザーが使用していないときも常に起動しているため、無駄な電気を消費し続けてしまいます。誰も使用していない専用サーバーが世界中に膨大に存在するとおもうとぞっとしますね。

ちなみにVPSのサーバー1台が排出するCO2は、年間約6kgs。1年間で木を1本植えたとすると、約3つのVPSが1年間で排出するCO2と相殺することができます。
つまり、専用サーバーはVPSの40倍ものCO2を年間で排出していることになります。
エコのことも考えた次世代のサーバー、それがVPSです。